人信貴福祉会

お問い合わせ

人信貴福祉会

『記事』

ハロウィン

こんにちは、すきっぷです。

すこし時間が経ってしまいましたが、10/25~10/30はハロゥイン週間でした。

部屋にはハロウィンハウスが設置され、子どもたちの中にも「今日はいつもとちがうなぁ」とワクワク感が。ハロウィンハウスから顔を出したり中に入ったりしながら、パーティが始まるのを楽しみに待ってくれている子もいました。

パーティでは、変装してお菓子をもらうのが恒例です。

パーティの内容は「阪神タイガース野球チームがいい!」「セーラームーンになりたい」「アニメのキャラになりたい」「アメリカンドックが食べたい」「ポテチのりしおが好き」など、仮装のテーマやお菓子のことまで子どもたちの願いから決まります。ハロウィンの話をしながら、職員や友だちと一緒に、衣装や大型壁面の工作を楽しんできました。

さて、変装をして、パーティの始まり始まり~

高校生が中心となって、司会をしたり、お菓子を配るなど盛り上げてくれます。毎年続けてきたことで、この形が継承されています。

その後は、ダンスタイム、絵本タイム、クイズタイム、ショータイム(いつもの遊びもこの日は特別な演目に!!)を楽しみました。

一見、隅の方で興味なさそうに過ごしている子も、名前を呼ばれるとみんなと同じように前に出てきて、いい笑顔でポーズも。みんなの様子をしっかりと意識しているのが分かりうれしくなります。

普段は周りのことが気になりウロウロとしがちな子も、友だちの様子をじっと見たり、ダンスでは思わず前に出て踊ったり。楽しい雰囲気は部屋にいるみんなに広がっていることを実感できます。

先輩が盛り上げる様子を見てきた子は、今度は自分が…!!、という気持ちが育っていたり、名前を呼ばれた子にそっと手を差し出して誘ってくれたり。本当は自分がずっと目立ちたい子も、ある時は役割を譲ってくれたり。

ワクワクと楽しい行事は、子どもたちの成長を感じられる機会となっています。

さて、これからはクリスマスにお正月。季節のイベントをみんなと楽しみたいと思います。

一覧へ戻る

月別アーカイブ